提案事例

よくある質問

Q.小ロットでも対応できますか?
A:もちろん小ロットの部品加工は、弊社のもっとも得意とする分野です。
単品・小ロットの部品加工は是非私たちにお任せ下さい。

 

Q.量産ロットでも対応できますか?

A:もちろんです。 弊社の実績としまして、過去月産5万個の自動旋盤部品やマシニングセンターによる月産1万個等の量産品等も対応させて頂いております。

 

Q.加工できるサイズについて教えてください。

A:マシニング加工であれば1000×2000
NC旋盤400φサイズまで対応可能です。 精密板金から1600×3700等のフレーム溶接製缶品等の対応可能です。

 

Q.遠方からの依頼ですが、対応していただけますか?

A:遠方のお客様でも問題はありません。
材料の手配から加工、納品まで地域問わず対応いたしております。

 

Q.代金の支払い方法について教えてください。

A:納品後5日以内での振込をお願いしております。
繰り返しご発注いただいているお客様の場合には掛売りにても対応させて いただきますのでご相談下さい。

 

Q.工場を見せていただくことはできますか。

A:是非工場見学にお越し下さい。
ただし他のお客様との機密保持に注意が必要な場合には日程の調整をさせて いただく場合もございます。

あらかじめご了承ください。

 

Q.材料の手配もお願いできますか?

A:可能です!材料の手配もお任せ下さい。 鉄・鋼から非鉄金属まで幅広い材料の取り揃えが可能です。

 

Q.現在使っている部品の寿命が短くて困っています。
なにか良い方法はありますか?

A:部品に使用する材料や加工方法、熱処理などの方法を見直すことで長寿命化のご提案をさせていただける可能性がございます。 まずは現状をお聞かせいただければ、検討させていただきます。

 

Q.図面は必要ですか?

A:ラフスケッチ等でも対応いたします。
ただし製品の形状や寸法を正確に出していただく為にお見積り・制作に通常より時間がかかる場合があります。 (制作時DXF等のデータがあれば加工時間の短縮に繋がりますので、お持ちの場合ご提出下さい)

発注流れ

1.注文

仕様・条件などご確認いただいた上でご発注となります。 お客様ご指定の注文書か、私たちからの見積書に発注の旨を追記いただいても結構ですので、 必ず注文書をお送りください。

矢印


2.加工指示

ご発注を頂いたのちに、製造部門と工程の打ち合わせをおこないます。 そして加工指示を行い、準備に取り掛かります。

矢印


3.資材手配

加工指示が完了したら、材料を手配します。 材料手配の際には、適正な数量を価格と納期を検討して発注します。

矢印


4.加工

これまでに検討した加工工程を踏まえ、加工を進めてまいります。 正確かつ、迅速に加工をおこないます。

矢印


5.工程内検査

加工品はほぼ全ての場合、複数の工程で加工を行います。 各工程内で細かな寸法チェックを行い、次の工程に進みます。 指定された寸法通りに加工を進めていくために、各工程内での 寸法チェックは重要な仕事です。

矢印


6.完成仕上げ

完成品は、決められた場所へ集められます。 表面処理が必要なものは外注業者にお願いします。

矢印


7.検品

加工完了後の製品は、発送前に必ず検査を行います。 当社は万全の製品を皆様にお届けしたいと常に考えております。 一見手間に見えるこの作業が一番大切な作業とも言えるでしょう。 ここで検査を行い通過したものだけがお客様の元に届きます。

矢印


8.商品のお届け